閾値走(いきちそう)をやってみたい^。^

雑記

こんばんは、TOSHI+sです。

以前から故障を少なくして練習したいと思っているのですが

いまのところあまり上手く行ってません(-、-;

故障の頻度や重さはいつも違うのですが、何かしら故障しては

筋トレやゆるいジョグで様子を見るという感じで早数年w

そんな中で前から気になっていた閾値走(いきちそう)というものがあります。

細かくは省略させていただきますが私の気になっている閾値走の効果として

ランニングの練習をペースでは無くその時の心拍で管理するというもので

ペース管理だと体調がイマイチのときでも設定したペースまで上げがちですが

心拍管理だと体調が良くないときに頑張って動くと心拍も早く上がるため

設定した心拍まで下がるようにペースを下げることになります。

つまり体に無理をさせにくいトレーニングが出来るようなのです!

この閾値を正確に得るためには専門的な器具や採血の必要があるため

設備の整った大学や病院にでも行かなければ無理です。

しかしどの程度の誤差があるのか分かりませんが“閾値”の“予測値”ならば

ランニング用GPSウォッチで測定可能な商品が多数販売されています(‘ω’)

しかし私が現在使っているEPSON Wristable(エプソン リスタブル)GPS FS-720

にはその機能は付いていません。

購入した当時も閾値を測定できるランニングウォッチはありましたが

確か5~6万円くらいして高価で買えませんでしたw

それが現在ではグレードの低いモデルなら2万円台から探すことが出来るようです☆

ただいまGARMIN(ガーミン)を中心に

ランニングウォッチの買い替えを検討中です^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました